Copyright© 2017 Sakuko Kitano All Rights Reserved.

BLOG

July 20, 2017

私の著書「幸福なイギリスの田舎暮らしをたずねて」(集英社)ではブラムリーについて1章を設けて書いていますが、ブラムリーはイギリスの料理用リンゴを代表する品種です。

アップルパイやケーキ、豚肉のソース、ジャムなど、幅広く使えますが、その独特の酸味と火を通した時のとろけるような味わいが特徴です。

長野の小布施では、1990年からイギリスの王立園芸協会(RHS)を通じてもたらされた5種のクックングアップルが穂木で試験栽培され、そのうちの一種ブラムリーが優れた特性から選ばれ、1998年から一般農家で栽培されるようになりました。

ブラムリーファンク...

July 20, 2017

 明日21日から30日(ホームページでは23日となっていますが、30日までに延長になりました)までイギリス館が「湖のほとりのうさぎのお家~イギリス 湖水地方‟ヒルトップ“へようこそ」と題した展示で彩られます。

担当はDesign Team Liviuの葛西知子さんと石畑真有美さんのお二人。

私が撮影したヒルトップやニアソーリー村の写真パネルも展示されます。

昨日出版となった私の新刊「物語のティータイム」でもポターの絵本は取り上げていますので、

その新刊も会場でご紹介いただく予定です。

暑い毎日ですが、涼やかな湖水地方の風を味わいに横浜へお出か...

July 16, 2017

昨日、19日の出版に先駆けて見本誌が手元に届きました。

 今までこのゲラ原稿で作業をしてきて、それにすっかり慣れてしまっているために、一冊にまとまったことが、不思議な気分さえします。

一緒にこの本を作った編集者のMさんからも「うれしくてずっと表紙を眺めている」というメッセージが届きました。この本はページの関係で、まえがきだけで、あとがきがないので、編集者のMさんにお礼を述べることが本の中ではできませんでした。

最初から最後まで二人三脚のように一緒にこの一冊を作り上げてくれたMさんのお力なくしては、この本はこのような形に仕上がることはなかっ...

July 16, 2017

 すでにアマゾンで予約が始まっていますが、新刊「物語のティータイム」が7月19日に出版になります。

帯にはお世話になった、児童文学者である斎藤惇夫氏から頂いたお言葉が載っています。「BOOKS」には帯付きのカバー写真がありますので、そちらをご参照ください。

思い返せば、大学での卒論のテーマが「児童文学にみる食べ物」でした。それ以来、児童文学の中に書きこまれている食べ物、ハーブは、私が温めてきたテーマです。

イギリスで暮らした経験も加わり、このテーマはイギリスの児童文学の特徴でもある、風土性を紐解く鍵となりました。

ようやく今になって、私の中...

Please reload

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now